交通事故に万が一遭った時の対処法

交通事故に遭った時、あなたは的確な対処を行うことができますか?
「自分には関係ない」「交通事故なんて他人事」と考える方も多いかもしれませんが、自宅から外へ出て生活する以上、突然の予期せぬ事故に巻き込まれることは十分考えられます。

また、交通事故が原因で体調不良を訴える方は多く、ムチウチなどの後遺症に悩まされる方も少なくありません。そこで、こちらでは「交通事故に万が一遭った時の対処法」についてご紹介いたします。ご自身のため、もしくは愛する家族や友人が事故に巻き込まれた時、冷静に行動できるよう事前に対処法を学んでおきましょう。

負傷者の救助と安全確保

突然の予期せぬ出来事にパニックに陥る方は多いですが、何よりも最優先すべきことは人の命です。負債者を発見した時は、直ちに119番へ通報して一刻も早く救急車を呼んでください。負傷者の状態にもよりますが、万が一、大量出血もしくは意識不明の重体であれば動かさず、救急車の到着を待ちましょう。

警察への連絡

交通事故の大きさに関わりなく、警察への届け出はしっかり行ってください。なぜなら、交通事故が発生した時の警察への通報は、法律上義務づけられておりますので、連絡を怠ると処罰の対象になります。

さらに、交通事故証明書が貰えなくなるため、後から後遺症が出ても治療費が受け取れず、不利益が生じることにもなりかねません。当人同士の示談で済ませているようでは、後々トラブルに繋がる可能性が高いです。例え小さな事故でも自分勝手な判断はせず、必ず警察へ連絡してください。

加害者の特定

警察への連絡を終えた後は、加害者の情報をしっかり確認してください。加害者の氏名・住所・連絡先・車の登録ナンバー・加害車両の自賠責保険会社名などは忘れずに控えておきましょう。
その際に、事故現場の痕跡や破損した部品、被害車両の写真などを記録に残しておくと重要な証拠になります。

保険会社への連絡

自動車保険の保険金請求には時効があります。万が一、事故から相当の時間が経過した場合、調査が困難となり、保険金を請求する権利が消滅することにもなりかねません。骨折・捻挫・打撲などの症状で治療が必要な時は、加害者が加入する保険会社に連絡し、速やかに治療費を請求してください。

交通事故治療のことなら当院にお任せください。ケガの早期回復を目指し、お客さまにマッチした改善プランを組み立てておりますので、辛い症状にお悩みの方にはおすすめです。

また、当院では整形外科や脳外科、内科など様々な病院との連携がしっかり取れており、交通事故治療に関しては確かな自信があります。場所は鹿児島市にございますので、体に何らかの異常を感じた時は放置せずお早めにご相談ください。

ふじさき整骨院 099-206-3254

form_spimg.png

099-206-3254 症状が軽くても放置しないで! どんな症状にも対応ができる万能治療です
院長・スタッフブログ