交通事故で最も多い「ムチウチ」の特徴

突然の交通事故で最も多い症状といえば「ムチウチ」です。例え、安全運転を心がけているとはいえ、交通事故はいつ何処で発生するか誰にも分かりませんし、外の世界に足を踏み出している以上、私たちは常に危険と隣り合わせといっても過言ではありません。

また、ムチウチには様々な症状があり、被害者の年齢や体質、事故状況によって個人差があります。そこで、こちらではムチウチの特徴についてご紹介いたします。

頚椎捻挫型

「頚椎捻挫型」はムチウチの中でも大半を占めている症状になります。首周辺の筋肉や靭帯、軟部組織の損傷が原因といわれており、スポーツ時の事故や自動車の追突事故など激しい衝撃によって起こりやすいです。

痛みには個人差がありますが、主な症状としては首や肩全体の痛みやコリ、頭痛、めまい、吐き気などが見られます。症状が悪化すると、頚椎を骨折することにもなりかねませんので、心当たりのある方は早めに当院までご相談ください。

神経根症状型

「神経根症状型」は脊髄の知覚神経と運動神経の根元部分にある神経根が、圧迫されることで起こります。主な症状としては首から腕にかけてのしびれや痛み、後頭部のモヤモヤ感などが挙げられますが、万が一放置すると次第に感覚が鈍くなり、動かなくなる恐れもあります。

また、神経根はダメージを受けると、神経が繋がっているその他の部位にまで悪影響を及ぼす可能性が高いです。何らかの後遺症が残ることにもなりかねませんので、早めに専門医の下で診断を受けましょう。

脊髄症状型

「脊髄症状型」は神経だけでなく、頚椎の脊柱管を通っている脊髄にまでダメージが及んでいる状態です。ムチウチの中でも症状が重く、下肢のしびれや麻痺、歩行の際に支障をきたすことにもなりかねません。症状が酷くなると、内臓機能に問題が発生し、排尿や排便がスムーズにできないこともありますので注意してください。

バレー・リュー症候群型

「バレー・リュー症候群型」は強い衝撃によって、頚椎周辺の交感神経が傷ついた時に起こります。首や肩の痛みはもちろん、頭痛やめまい、視力低下、耳鳴り、吐き気など様々な症状を訴える方が多いです。自律神経失調症と似たような症状で、明確な診断が難しくなりますが、心当たりのある方は早めにご相談ください。

当院は市電・JRの「南鹿児島駅」より徒歩30秒の場所にある整骨院です。肩こりや腰痛が原因の体調不良をはじめ、歪みからくる損傷、交通事故治療などあらゆる症状に対応しております。

また、交通事故治療に関しては21時まで行っており、確かな自信がありますので、早期回復を目指している方にはおすすめです。鹿児島市にお住まいで整骨院をお探しの方は、ぜひ当院へお越しください。

ふじさき整骨院 099-206-3254

form_spimg.png

099-206-3254 症状が軽くても放置しないで! どんな症状にも対応ができる万能治療です
院長・スタッフブログ